トップページ

スマホケースで自分らしさを

スマートフォンに装着するカバーのことをスマホケース言います。
ソフトタイプ、ハードタイプ、手帳タイプなど機種ごとに、材質、デザインも多種多様、豊富に販売されています。
スマホケースとは本来スマートフォンを落としてしまったりした時に、電話機本体に傷をつけない為、ダメージを軽減させる為等の目的から出来たものですが、今はそれよりも他人のスマートフォンとの差別化を図る為に装着する方の方が圧倒的に多いのではないでしょうか?好きなキャラクターのケースを装着したり、好きなタレントとコラボしたケースを装着する人も多いでしょう。
そうではなく、ハードタイプのケースを購入し、スワロフスキーなどのデコ素材を自分の好きなようにボンドで固定し、自分だけのオリジナルケースを作るという人も非常に多いです。
また自分のオリジナルケースは欲しいけれど、手間暇かける時間が惜しいという方には、電話、メールなどでお客様の希望のデザイン、色など細かく打合せをしたのち、オリジナルのケースを作ってくれるお店もあるほどです。
機種変更しなくても、スマホケースを新しく変更するだけでも、気分転換になり、当分同じ機種を使い続けるという人もいる程です。


サイズとデザインだけじゃない、スマホケース選び

スマートフォンはガラケーとは異なり、画面がむき出しになっているため、ケースは必須アイテムとなります。
そんなスマホケース選びのポイントがいくつかありますが、一つ目はまず画面保護ができるかどうかです。
一般的にシェルケースと呼ばれる画面を覆わないタイプの物は、バッグやポケットにスマホを入れるとどうしても画面に傷が付きやすくなってしまうので、家の中で使用する際には最適です。
家の外で使うときには画面を覆えるタイプのケースが適していますが、ポケットの様に本体を出し入れするタイプの物より、手帳の様に画面カバーを開いたり閉じたりするタイプの物が便利です。
製品によっては、画面が見える様に置いてスナップを閉じようとすると本体の裏に差し込まなくてはならず、空間が空いてしまうため、NFC機能を利用する際にやや不便な場合があるので、購入前に開閉する向きを確認しておくことが必要です。
次にケースの素材ですが、本革や合成皮革だと耐久性に欠けるため、頻繁に出し入れしたりするとすぐにはげてきてしまうことがあり、注意が必要です。
また、キャラクターや装飾の凹凸が付いている物だと、バッグやポケットの中で引っかかってしまい破損の危険があるため、ケース表面はなるべくなめらかな物を選びます。

Favorite

かわいい愛犬のしつけの方法に迷ってしまったら、是非参考にしてください。

犬 しつけ 方法

検索しやすい東京の貸倉庫検索サイト

貸倉庫 東京

バレエ留学を安心のサポートでお手伝いします

バレエ 留学

Last update:2017/6/22